タグ:不思議な夢 ( 4 ) タグの人気記事

彼岸花

b0141865_19371983.jpg
Carraraで作成                      他の花の画像も見る>>

★クリックすると少しだけ大きく見ることができます★

これは 2005.10.03の作品です。
彼岸花は、前から作りたかった花のひとつだったのですが、この年(2005)にやっと仕上がり
レンダリングも名入れも終わったあとの、その日の夜のことでした。

夢の中で、私は、暗い夜道を歩いていました。ふと、自分の左側を見ると、防空ずきんをかぶった、8~10歳くらいの女の子が私を見上げています。女の子は、紫色の顔をしていたので、たぶんこの世の子ではないと思いましたが、「どうしたの?」と声をかけました。すると女の子は「神社に帰りたいの」と言いました。私は頷いて、女の子の手を引き、歩き始めました。ここがどこなのか、まったくわからなかったので、道行く人に「この辺に神社はありますか?」と聞きまくり、ようやく神社が見えはじめた時、女の子は、暗闇の中を、鳥居のほうへ勢いよく駆け出し、迎えに出た両親の腕の中に駆け込んでいきました。「ああ、よかったね、お家に帰れて」私は、そう思い、ふっと、女の子の両親の顔を見ました・・。そのときの衝撃を、今でも忘れることはできません。
お父さんの顔は、白い彼岸花、お母さんの顔は、赤い彼岸花。
でも二輪の花は、その時、とてもうれしそうな笑顔で、私の目を見返してくれた・・
そして三人で仲良く手をつなぎ、暗闇の奥に消えていきました。

彼岸花には、向こうの世界で会えずにいる、人と人とを引き合わせる不思議な力が宿っているのかもしれない、と思った、2005年10月3日の夜の夢でした。
彼岸花を見るたびに、この夜の衝撃を思いだします。

                    HOME
[PR]

by yukikot23 | 2008-09-15 19:49 | Carraraで作成 | Comments(6)

龍の眠る湖

b0141865_2223210.jpg
Vue 6 で作成                       他の風景の画像も見る>>

★クリックすると少しだけ大きく見ることができます★

暑さ負けと、ブログ疲れ(?)で体調を崩し、長い間やすんでしまいました。
ブログをはじめて、あらためて思ったんですが、「更新するのってたいへん」ですね。
どの絵を選ぶのか、どんな文章をつけるのか、半日考えても決まらない時もあって、
じっさいCG作るよりたいへんだったりして・・。
「あ〜どうしよう〜」こんなかんじで1時間経っちゃったり(今もそうだけど)。
これからは、ムリに文章を書かず、絵だけアップしていこうかな。
疲れた時は、おやすみして(といいながらこれだけ書いてれば世話ないですね↓)。
これからも、ブログは続けていきますので、どうぞ、たまに遊びにきてください。

さて、今日の1枚は、大げさなタイトルでごめんなさい。
期待しちゃいますよね。龍を。
でも、湖底にいるので、姿は見えないんですよ。「眠る」なので。
龍という生き物が、ほんとうにこの地球上にいたことがあるのかわかりませんが、
むかし、妙な夢を見たことがあります。

夢の中で、私は10歳くらいの男の子でした。ある日、父親が町に用事があって、私も一緒に連れていってくれるというので、遠い山道を下って、はじめての町へ入りました。そこは砂漠のように、砂だらけで、白い粗末な石の建物が並んでいる広場があり、そこがバザーになっていて、人がたくさん集まっています。広場の片隅に木製の馬車があり、そこに枯れた木がたきぎの束みたいに横倒しにおいてあるところがあって、父が私の手を引きながら、そっちの方を見て「あれがリュウっていう生き物だよ」といいました。私は、父に手を引かれたまま振り返り、枯れた木みたいに干からびた感じの薄茶色の物体を見て「リュウって汚いんだな」と思いました。タツノオトシゴをすご〜く大きくして干物にしたような感じにみえました。

そういうふしぎな夢を見たことがあったので、私の中では、リュウと言われる生きものは
本当にいたんじゃないかと思っています。

HOME

[PR]

by yukikot23 | 2008-09-03 22:05 | Vueで作成 | Comments(6)

ピラミッド

b0141865_22165970.jpg
Vue 6 で作成                      他の風景の画像も見る>>

★クリックすると少しだけ大きく見ることができます★

以前に、Vueで作成したものを、最新バージョン6でレンダリングしてみました。

Vue 6 の大気のプリセットには、たくさんの素敵な天候があるので、すごく迷います。
今回は「未知の惑星」という、星がきれいなプリセットにしました。

おんなじシーンなのに、大気が変わるだけで、ぜんぜん違う印象になるので、
お天気選びが楽しくて、迷いだすとキリがありません..^^;。

ずっと昔に、海の中からピラミッドが、ザバーッと空中に飛んでいった夢を見たことがあり、
それを元に、水の上に浮かんでいるイメージを作りました。

HOME

[PR]

by yukikot23 | 2008-07-05 23:14 | Vueで作成 | Comments(0)

水の部屋

b0141865_036588.jpg
Carraraで作成(マネキンはPoserから)         他の不思議な夢の画像も見る>>

★クリックすると少しだけ大きく見ることができます★

最近、世界中で天変地異が頻発していますが、何十年も昔によく「津波」の夢を見ました。

部屋にいて、窓の方を見ると巨大な波がこちらに向かって押し寄せてきている、とか、駅のコンコースで窓の外に大波が押し寄せてきているのを見た、とか、大きな建物の一階に降りようとしたら、赤じゅうたんの階段が2/3ほど水に浸かっていた、とか、津波を避けて町の人達と必死に山を登っていたら、ほとんど頂上に近いところで、足元にまで水が上がってきていた、などなど。

歴史は繰り返すといいますが、ノアの箱船も、一夜にして海に沈んだという超古代文明アトランティスも、実は本当で、人類は今またそれを繰り返そうとしているんじゃないか・・などと思う
今日この頃です。

-メモ-
画像サイズ:   1280x960 pixel,
レンダリング設定:透過光、アンチエリアシング中、オブジェクトの精度4、影の精度4
レンダリング時間:1時間5分21秒。


HOME

[PR]

by yukikot23 | 2008-06-20 22:00 | Carraraで作成 | Comments(2)

(新しい記事)  (古い記事)